ヤセラボ

更新:2018/11/05

ヨガは有酸素運動!ダイエット以外にも嬉しい効果がいっぱい ヨガが体にもたらすメリットとは

目次

 

心身を整えるのに効果的な運動として、古くから親しまれてきたヨガ。

運動といえど、一見ジッと座ってゆっくり動いているだけのように見えますよね。

果たしてヨガは有酸素運動といえるのでしょうか?

 

この記事では、ヨガに秘められている効果や、有酸素運動についてご紹介します。

そもそも有酸素運動って何?



ダイエット関連でもよく聞く言葉ですが、いったい有酸素運動とはどういった運動を指すのでしょうか?

ここでは、より分かりやすくするために、無酸素運動と比較してご紹介します。

 

運動には、有酸素運動と無酸素運動があります。

そこまで酸素を使わず瞬間的に強い負荷をかけ短い時間で行う運動を無酸素運動と呼びます。

一方で、体に多くの酸素を取りいれ脂肪などをエネルギーに変えることによって脂肪燃焼効果を期待する運動を有酸素運動といいます。

普段私たちが行っている有酸素運動には、ウォーキングやランニング、球技などがあります。

 

また、有酸素運動は、20分以上行うと脂肪燃焼効果が高まり、ダイエットに効果的だといわれています。

よって、有酸素運動はダイエットに不可欠な運動で、がっつり痩せたい方には不可欠といっても過言ではないと思います。

ヨガは有酸素運動なの?



実は、ヨガも有酸素運動だというを知っていましたか?
ヨガは非常にゆっくり動くため、有酸素運動という感じはあまりしませんが、実は他の激しい運動と同じく、有酸素運動に分類されるのです。

なぜなら、ヨガは腹式呼吸で酸素を取り入れながら行う運動なので、有酸素運動に分類されるんですね。

ヨガには嬉しい効果がいっぱい!



ヨガをやると、ダイエット以外にもたくさんの健康効果が得られます。

ここでは、ヨガによって得られる心身の健康効果についてご紹介します。

ただ痩せるだけでなく、健康になりながら痩せられるなんbirthdayて、一石二鳥ですよね。

姿勢が良くなる


ヨガをすることで、インナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルには、姿勢を維持するという働きがありますので、ヨガをすると姿勢の改善にもつながります。

 

自律神経の調節に役立つ


ヨガで行う腹式呼吸は、自律神経を調節する働きがあるとされています。

心身のバランスを整え、リラックスした状態へと変えていくのです。
さらに、自律神経が調整されると、副交感神経を活発にすることにもつながります。

こうすることで、ヨガにリラックス効果も期待できます。

 

ストレス解消

さらに腹式呼吸には、ストレス解消効果も期待できます。

大きく呼吸をすることで、大らかな心を手に入れることができたり、今の自分を見つめなおすきっかけにもつながります。

実際、多くの起業家やタレントさんなども、精神安定のためにヨガを取り入れているケースが多く見られます。

 

このように、ヨガには数多くのメリットが存在しています。

しかし、正直ヨガだけでは、すぐにダイエット効果が表れるとはいえないでしょう。


ヨガは消費カロリーが多いわけではないので、すぐに痩せられるというよりは、長期的にみて痩せやすい体にするといったほうがいいでしょう。
ヨガを定期的に行うと、体質の改善や、ホルモンバランスの乱れを調整し、健康な体を手に入れることができます。

ぜひヨガを習慣に取り入れて、健康的にスリムな体を目指しましょう。

まとめ

こうやってみると、ヨガをやることによるメリットが理解できたと思います。

ただし、先述したように、ヨガには急激に痩せるといったことが難しいといわれています。

 

なので、もし効率よく有酸素運動で痩せたい方と思っている方には、パーソナルジムに通うことをオススメします。

パーソナルトレーニングならば、ヨガ以上にカロリーを消費できる運動を色々教えてもらえますし、より効率的に運動することができます。

 

現在、YASELABOでは無料相談を受け付けておりますので、ご興味がある方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。


無料相談はこちら